2012年06月25日

大人陶芸ワークショップ

120624_1109~020001.jpg120624_1108~010001.jpg120624_1149~010001.jpg120624_1544~010001.jpg


“大人”と、わざわざことわりがあるのも何ですが、子ども陶芸ワークショップがあるなら大人も是非開催して欲しいという声をいただいたことが始まったきっかけ。


子ども陶芸ワークショップは素敵ですねぇと誉めていただく機会が増えるほど、大人はやらないのですかというご質問もいただいていました。
その度に「大人には佳世先生のお教室がありますよ。」とお答えしていました。

佳世先生のお教室はいつでも生徒になれますし、ちゃんと体験教室まであるし、何を作っても自由なのだから。
陶芸ワークショップよりお教室に通った方が好きなものを作れて楽しいですよ〜。
そんな風にお答えしていました。

大人の一日陶芸ワークショップを開催する必要はないだろうと考えていたのです。

この時点での私は、ご希望をいただいたのならやってみても良いだろうという柔軟な思考は出来ていませんでしたが、まだそこに気がついていません(笑)

何年も子ども陶芸ワークショップをやって来た中で昨年の秋に一輪挿しを作った時に、「このテーマは大人もやりたい」という希望がわらべうたの知恵さんから具体的に出て来たことから、初めて大人向けのワークショップの開催につながりました。

一輪挿しの時は扱いが難しい磁器で作りました。
やや難しいものなら大人もありだろうか。物足りない感がなければいいかも。しかも一輪挿しなら使えるなどなど、“言い訳”が立つポイントがいくつもあったことが開催する側も一気に乗り気になれた理由です。

そして開催してみたら、一日だけなら参加しやすい方や初めての方の気軽な体験の機会にもなりました。
また、テーマが決まっていることも案外好評をいただけるものだとわかりました。


子どもたちはお教室が無いからワークショップがあり、大人には教室があるのだからワークショップは必要ないなどというのはまったくこちらの思い込み。

大人にもあるテーマに添って体験そのものを味わってみることは良いものでした。
同じものでも展開の仕方により人それぞれに異なる仕上がりになるものです。
そんなことを見たり感じたりということも新鮮な気持ち。

陶芸の世界は幅広くて奥も深いもの。
その中のひとつに焦点を当てて楽しむということであれば、子どもだけじゃなく大人にもありなんだなぁ。
2回めを終えて色々思うことのあった私でした。


しかし、こういう機会があるのは何よりお教室主宰者の佳世先生の技術あってのことです。

一緒に開催する機会に恵まれ、機会をいただいているのは幸いだと思います。
お互いにほぼ同時期に、昭島と立川という近所で活動をスタートしたご縁のおかげ。

そして、20年来の友人知恵さんのわらべうたが作り出す柔らかな空気や雰囲気も相まって癒やしと和みの空間にもなっています。

地域の方に楽しみにいらしていただけて、喜んでいただける活動をご提供していけますように頑張ります。

子ども陶芸ワークショップも、大人のワークショップも、どうぞ今後とも宜しくお願いいたします。

そして速報です。
まだツイートもしていない、一番早くにここでお知らせです。
大人陶芸ワークショップ、次回が決定しました。

「大切なパートナーのために作るフリーカップ」というテーマ。
12月9日(日)に開催します。
午前クラスは10時30分から。午後クラスは14時から。
参加費は3500円ぐらいになる予定です。

カップの出来上がりは1月の末です。2月のバレンタインに是非贈り物にして下さいね♪


次回は3つのワークショップのリレー企画になります。

フリーカップ作りに続いて、フェルトのコースター作り。
そして蜂蜜いりのコクがあるチャイ作りワークショップです。

ワークショップに三回ともご参加いただけた方にはポッターズスタジオからプレゼントをご用意します。

もちろん、ワークショップはひとつだけの参加でも大丈夫です。

まだ先のことですが、陶芸ワークショップは日にちが決定したので、ひと足先にお知らせをいたします。
ご予約はいつでも承ります。
posted by パトアシュ at 10:24 | 日記